スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすすめ食事スキルについて

いまいち効果が分かりにくい食事スキルですが、実体験とwikiを参考にしておすすめの食事スキルを紹介します。

・ネコの起き上がり術[小]or[大]
→その名の通りダウン時の起き上がりの無敵時間が延びるので、モンスターによるハメを回避しやすくなります。

・ネコの防御術[小]or[大]
→[小]なら1/8の確率で受けるダメージを70%に減らし、[大]ならその確率が1/4になり、生存確率が上がります。スキル精霊の加護と重複するので、併せればそれなりの効果が期待できます。

・ネコの火渡り術
→溶岩による地形ダメージを無効にします。アグナ、ガンキン戦でこのスキルがあると、溶岩を気にせず戦うことが出来るので非常に便利です。

・ネコの火薬術
→爆殺を行う上で、かなり役に立つスキル、というか上位ソロでの爆殺には必須といっていいほど。小タル、大タル、打ち上げの爆弾がそれぞれGにグレードアップします。

・ネコの医療術
→体力回復量が10%アップしますが、気休め程度かも。

・ネコの研磨術
→研ぎ時間が短くなるので、装飾品で砥石高速を発動させている場合は、他のスキルに変えることが出来ます。

・ネコの体術
→ガードと回避のスタミナ消費量が軽減されるので、ランスと相性がいいです。

・ネコのド根性
→体力が64以上あれば、体力を上回るダメージを受けても体力が1残ります。FFでいうリレイズ、VPでいうガッツですね。ただしスキルの効果は1回のみ。上位は敵の攻撃力が高いので、ガンナーはこのスキルがあると気持ち的にも安心です。



以上おすすめ食事スキルを挙げましたが、発動候補欄に出ていたら狙ってみるという気軽な感じでいいと思います。
スポンサーサイト

おすすめ下位一式装備(剣士)

下位では、装備は上位に比べスロットが少なく、また作成できる装飾品も+1や+2のものが殆どのため、シリーズの異なる装備を組み合わせるよりも、一式装備に装飾品やお守りをつける、といった方が良い場合が多いです。

ということで剣士のおすすめ一式装備↓。


続きを読む

ポーチの中身について

以下は、オンラインプレイ時に私が持っていくアイテムです。

(剣士)

回復薬×10
回復薬G×10
元気ドリンコ×10
ペイントボール×5
シビレ罠
落とし穴
捕獲用麻酔玉×8
砥石×20
力の護符
力の爪
守りの護符
守りの爪
秘薬×2
生命の粉塵×3
こやし玉×10
モドリ玉

(クエストやモンスターによって持っていく物)
クーラードリンク×5
ホットドリンク×5
閃光玉×5
音爆弾×10
各種属性の種×10
怪力の種×10
守りの種×10
いにしえの秘薬
漢方薬×10(広域が付いているときは解毒薬)
消散剤×5
強走薬G×5


現地調合は剣士ではめったにしません。ポーチに余裕が無いので。するとしてもジエン戦でモドリ玉調合や、爆殺プレイの時くらいですかね。

着彩について



髪の色や防具の色をユーザー好みに設定できる、画像のような色のボックスがあります。

ここでは、色を選択する際のポイントについて書きます。

続きを読む

戦術について

討伐するのに、時間いっぱい使ってしまうハンター、いると思います。

私も初めはそうでした。MHP2をやり始めた頃は、下位のレイアに45分くらいかけていました。

なぜ時間がかかってしまうのか。これはいくつか原因が考えられます。

・攻撃をたくさん受けてしまい、回復している時間が多い。
・攻撃を受けるのを恐れ、積極的に攻撃出来ていない。
・肉質が固いところばかり攻撃している。

など・・・。

やはりその中でも大きな要因は一番下の、つまり弱点部位に攻撃が出来ていない、というところだと思います。

レイアやディアの足をひたすら切りまくっても効率が悪いです。転ばせて、頭を狙う(ディアなら腹)なら分かりますが、転んでいるのに足や尻尾など、あまりダメージが通らないところを攻撃しているハンターを良く見かけます。

頭が弱点のモンスターは多いです。頭に攻撃するということは、モンスターの正面に立つ機会が多くなりますので、初心者ハンターにはなかなか難しいと思いますが、積極的に頭(弱点)を狙えば、討伐の時間短縮につながると思います。
プロフィール

futomomo

Author:futomomo
趣味:バカをする、統計をとる、笑う

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
公式
ブログ内検索
RSSフィード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。